展覧会事業

TOP 矢印 展覧会事業

交通総合文化展

交通総合文化展とは

駅を舞台に芸術・文化と観光の振興に貢献しています

日本交通文化協会では、日々の通勤や通学、旅行などに欠かせない公共交通機関や日本の良さ・魅力をテーマに、写真と俳句の作品を毎年募集しています(募集期間は6月上旬~7月中旬)。入選作品は10月14日の「鉄道の日」に合わせて開催する「交通総合文化展」で発表展示されます。特に優秀な作品には国土交通大臣賞をはじめとする賞と賞金が授与されます。会場は駅の公共スペースでに設けられ、写真・俳句の入選作品のほか、日本を代表する芸術家の作品展「溯瀧会」、当協会が進めているパブリックアートの普及活動展を併催し、駅を利用する多くの方々にご覧いただいています。
「鉄道の日」国土交通省ホームページリンクアイコン

交通総合文化展ポスター

交通総合文化展2021
主 催 :公益財団法人日本交通文化協会・「鉄道の日」実行委員会
開催期間:10月27日(水)~11月1日(月)
展示時間:午前9時~午後7時
展示場所:JR上野駅 中央改札口外 グランドコンコース特設会場
入場料 :無料

ご来場の皆様へのお願い
~新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします~
◆ご来場前に健康状態の確認と検温を行い、下記に当てはまる方はご来場をお控えください。
・体調不良(発熱・咳・咽頭痛等の症状)の方
・新型コロナウィルス感染症陽性と診断された方との濃厚接触がある方
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方
◆ご来場時にはマスクをご持参いただき、ご着用ください。
◆咳エチケットにご協力ください。
◆指定箇所での手指消毒にご協力ください。
◆ご鑑賞時には、周囲の方と適度な距離(最低1m以上)を保ってください。
◆会場内での飲食、大きな声での会話はご遠慮ください。
◆混雑時は入場制限をかけさせていただく場合があります。
◆万が一、交通総合文化展において感染が判明した場合、保健所等の関係機関へ情報提供を行う可能性があります。
◆接触確認アプリ「COCOA」のご活用を推奨いたします。
 ※今後の状況により上記の内容から変更となる場合は協会ホームページ等にてお知らせいたします。

展示・選考風景

写真部門(新日本観光写真)
写真部門(新日本観光写真)
俳句部門
俳句部門
溯瀧会(さくりょうかい)
溯瀧会(さくりょうかい)
パブリックアート普及活動特別展
パブリックアート普及活動特別展
招待作家パブリックアート作品展
招待作家パブリックアート作品展
写真部門(新日本観光写真) 選考風景
写真部門(新日本観光写真) 選考風景

交通総合文化展のあゆみ

時代に沿って変遷を重ね、60年以上開催を継続

東京駅で開催された第1回 交通総合文化展
東京駅で開催された第1回 交通総合文化展

1954年にスタートした当初は、交通事業従事者の文化活動の成果を社会に紹介することが目的でした。しかしその後、一般に広く開放し、写真や俳句を公募し、入選作品を展示するようになりました。62回目となる2015年には入選者総数が1万7500人(新日本観光写真展を含む)を超えました。2013年からはパブリックアートの展示コーナーも設け、ステンドグラスや陶板レリーフの作品紹介をしているほか、日本を代表する芸術家の新作展「溯瀧会」で、絵画と書などが併設展示されます。

過去の実績

2021年9月現在
交通総合文化展新日本観光写真
入選者 総数14,364名4,520名
入選者 総数 2021年9月現在
交通総合文化展:14,364名
新日本観光写真:4,520名

溯瀧会 (さくりょうかい)

現代日本を代表する芸術家たちが参加する会

身近な駅の空間で芸術鑑賞
身近な駅の空間で芸術鑑賞

交通総合文化展では第1回の開催から、日本を代表する芸術家の新作展を併催してきました。現在は、日本交通文化協会の滝久雄理事長が1970年代から交流を続けてきた芸術家の方々にご参加いただいており、「溯瀧会」という名称で日本画、洋画、書などの作品を展示しております。「溯瀧会」には竜が急流をさかのぼるほどエネルギーに満ちた会、という意味が込められています。交通総合文化展は駅というパブリックなスペースで、優れた芸術家の作品を観られる機会でもあるのです。

交通総合文化展2021『溯瀧会』出品作家

日本画

  • 石踊 達哉
  • 烏頭尾 精
  • 大矢 紀
  • 押元 一敏
  • 川﨑 麻児
  • 川﨑 鈴彦
  • 中島 千波
  • 野地 美樹子
  • 平松 礼二
  • 松崎 良太
  • 宮廻 正明
  • 渡辺 信喜

洋画

  • 大津 英敏
  • 奥谷 博
  • 絹谷 幸二
  • 佐野 ぬい
  • 中山 忠彦
  • 野見山 暁治
  • ブライアン・ウィリアムズ
  • 山本 貞
  • 吉武 研司

ドローイング

  • 青木 野枝

  • 井茂 圭洞
  • 髙木 聖雨

(敬称略 部門別 五十音順)

パブリックアート普及活動特別展

パブリックアートに親しんでもらう展示会

制作過程や各地の作品を紹介

制作過程や各地の作品を紹介

招待作家によるパブリックアート作品

招待作家によるパブリックアート作品

交通総合文化展では2013年から、パブリックアートを広く知ってもらうために「パブリックアート普及活動特別展」のコーナーを設けています。駅や空港などの公共空間にアート作品を設置し、潤いある環境を創ろうというパブリックアートの取り組みは、残念ながら日本ではまだ十分に知られていません。この展示コーナーでは、全国に設置されているパブリックアート作品や1%フォー・アートの取り組みなどを紹介しています。また、併設展として招待作家によるパブリックアート作品の展示もしています。

審査員

写真部門(新日本観光写真)

  •    清水 哲朗
    清水 哲朗しみず・てつろう
    写真家
    公益社団法人日本写真家協会会員
  • 国土交通省 観光庁観光地域振興部長
  • 環境省 自然環境局長
  • 東日本旅客鉄道株式会社 常務執行役員
  • 公益社団法人日本観光振興協会 理事長
  • 株式会社交通新聞社 交通新聞 編集局長

俳句部門

  • 長谷川 櫂
    長谷川 櫂はせがわ・かい
    俳人

交通総合文化展2021 受賞者

写真部門(新日本観光写真)

国土交通大臣賞 「大好きな故郷」 増田 俊次
環境大臣賞 「紅に染まる伊豆沼」 遠藤 芳雄
九州旅客鉄道株式会社 社長賞 「花のトンネル」 鹿島 和生
公益社団法人 日本観光振興協会会長賞 「朝まづめ」 段 スコール
一席 「洋野エモーション」 白山 健悦
「大空へ」 平野 敏幸
二席 「走れランナー、走れ新幹線」 今井 智己
「雪降る夜の最寄り駅」 井口 晃志
「盛夏」 小野木 文一
三席 「太陽の誘導灯」 對馬 幸雄
「ただいま修行中」 長谷川 裕二
「でんでんきたっ!」 秋澤 真希子
「クライマックス」 吉田 昌弘
U-22賞 「春風のテールライト」 内田 匠優
入選 「寒い朝」 山田 徹
  「航路はサバンナ」 工藤 光義
  「紫陽花の夕映え」 道信 タケオ
  「銀河鉄道ホタルの旅」 臼井 寛
  「最後までよろしく」 久富 有純
  「煌めく冬の知床」 田村 悠也
  「秘境の駅」 団 芳男
  「ゴジラ出現」 石井 良明
  「水上のおひなさま」 河本 泉
  「銀河旅行」(3枚組) 秋篠 重仁
  「朝もやをぬけて」 河野 潔
  「急げ!ワクチン」(3枚組) 立川 明
  「秋の夜のコンチェルト」 相馬 達也
  「気合を入れて」 松原 朋美
  「ただいま子育て中」 林 博
  「家路へ…」 鈴木 良昭
  「秋の秘境」 三木 雅也
  「希望の天空へ」 水溜 恵子
  「自然と共存」 森川 克巳
  「碧きサフィール」 谷口 晃都

俳句部門

公益財団法人 日本交通文化協会
理事長賞
「線路まで静かな世界半夏生」 徳永 小雪
講評:目や耳の不自由な人に世界はどう映るだろうか。家を出て線路までの小さな旅。世界はしんと静まっているのだ。作者は聾学校に通う十七歳。百人いれば百の世界がある。(長谷川 櫂/俳人)
一席 「列車いま夕焼まみれの大河越え」 馬場 博美
講評:夕焼けに染まる大河。「夕焼まみれ」が一句に命を与えた。この世の荘厳を目の前にしているのだ。(長谷川 櫂/俳人)
二席 「青春が降り立つ駅や夏休み」 武田 大輝
三席 「遠ざかるホームの君は白きシャツ」 服部 弥生
「秋麗の電車にかるく眠りたり」 竹澤 聡
「駅を出て見知らぬ夏に紛れけり」 長谷部 俊夫
入選 「車窓からあの夏見てた羊蹄山」 渡邉 富士夫
「この景もいつか思い出車窓夏」 小野沢 竹次
「電車行く紀州路の花ちらほらと」 堀川 淳(和歌浦 竜)
「国鉄のころと変らぬ花の駅」 斉藤 浩美
「列車から花を愛でおり古希の旅」 田村 靖彦
「目覚めればどこかの駅や夏の月」 三玉 一郎
「移る季や次への切符は揚羽蝶」 河野 大和
「少年はひとり旅せよ夏休み」 坂本 恭子
「この夏が発車のベルでさようなら」 木村 弘治
「新幹線たてがみとなる夏の風」 山田 知明
ページトップヘ