育英事業

TOP 矢印 育英事業

国際瀧冨士美術賞のあゆみ

若手芸術家の育成

第39期 表彰風景
第40期 表彰風景

パブリックアートの振興・普及を進めてきた当協会は1980年、これからのパブリックアートを担っていく若手芸術家を育てていこうと、奨学金制度「瀧冨士美術賞」を創設しました。91年には対象を国外の美術・芸術系の学部を有する大学にも広げ、「国際瀧冨士美術賞」と改称しました。現在の参加校は国内13校、海外7カ国12校となります。2022年までの43年間に計846人の学生が奨学金を受けました。過去の受賞で芸術家や指導者として活躍されている方もおり、その中には青木野枝(1期)、奈良美智(5期)、ヤノベケンジ(9期)、小谷元彦(15期)の各氏もおられます。

過去の実績(第43期まで)

2022年10月現在(対象校は年度により一部変更・追加が行われます)
受賞者 総数846名
給付総額2億4680万円 (43期 6,600,000円)
対象校
【日本】
愛知県立芸術大学、沖縄県立芸術大学、金沢美術工芸大学、京都市立芸術大学、京都芸術大学、女子美術大学、多摩美術大学、東京藝術大学、東京造形大学、東北芸術工科大学、日本大学、広島市立大学、武蔵野美術大学
【韓国】
ソウル大学校、梨花女子大学校、弘益大学校
【中国】
清華大学美術学院
【シンガポール】
ラサール芸術大学
【フランス】
パリ国立高等美術学校
【ドイツ】
シュトゥットガルト公立美術アカデミー、ベルリン芸術大学
【イギリス】
ロンドン大学、ロンドン芸術大学
【アメリカ】
アートセンター カレッジ オブ デザイン、プラット インスティテュート

審査員

  • 宮田 亮平
    宮田 亮平みやた・りょうへい
    金工作家
    東京藝術大学 名誉教授
  • 大津 英敏
    大津 英敏おおつ・えいびん
    洋画家
    日本芸術院会員
  • 大成 浩
    大成 浩おおなり・ひろし
    彫刻家
    日本美術家連盟理事
  • 日比野克彦
    日比野 克彦ひびの・かつひこ
    アーティスト
    東京藝術大学 学長
  • 湯澤幸子
    湯澤 幸子ゆざわ・さちこ
    多摩美術大学環境デザイン学科 教授
  • 国土交通省 鉄道局 総務課長
  • 東日本旅客鉄道株式会社 常務執行役員
  • 滝久雄 公益財団法人 日本交通文化協会 理事長
  • 2022年10月現在

第43期(2022年) 受賞者一覧

 
グランプリ・優秀賞 鬼河 ひなた 広島市立大学(日本)
国際グランプリ・優秀賞 ルーカス ヘンゲルハウプト シュトゥットガルト公立美術アカデミー
(ドイツ)
優秀賞 土田 祐加 愛知県立芸術大学(日本)
古藤 未来 沖縄県立芸術大学(日本)
花井 円香 金沢美術工芸大学(日本)
小野 里紗 京都市立芸術大学 (日本)
福本 玲雄 京都芸術大学(日本)
和田 紗代子 女子美術大学(日本)
福田 大晃 多摩美術大学(日本)
重富 彩花 東京藝術大学(日本)
寺平 花 東京造形大学(日本)
和田 竜汰 東北芸術工科大学(日本)
刘 瑞棋 日本大学(日本)
魏 洋昊 武蔵野美術大学(日本)
オ チェヒョン 梨花女子大学校(韓国)
ウー チェン 清華大学美術学院(中国)
シャノン リム リシュアン ラサール芸術大学(シンガポール)
ドーラ ジェリディ パリ国立高等美術学校(フランス)
ブラム ドゥルーレー ロンドン芸術大学(イギリス)
カヤ ガヨン ジョン アートセンターカレッジオブデザイン(アメリカ)
特別賞 柴田 瑞希 京都市立芸術大学(日本)
亀田 満紀史 東京藝術大学(日本)
パク ソンウォン ベルリン芸術大学(ドイツ)

※グランプリは、優秀賞受賞者の中から選ばれます。

インタビュー

New

国際瀧冨士美術賞 第37期受賞者

小見 拓 こみ たく
彫刻作家

彫刻作家の小見拓さんは国際瀧冨士美術賞第37期受賞者で、主に石の作品を手掛けてきました。交通総合文化展2022の招待作家として初めてステンドグラスを使った作品を制作し、新境地を開きました。

第43期 募集要項

■募集人数

20名程度 ※審査員が厳正審査の上決定します。

■資格

当協会が指定した美術・芸術系の学部を有する大学第4学年在籍(大学院・通信教育過程を除く)で、主に絵画・彫刻・デザイン・建築・現代美術(映像表現も含む)のいずれかの分野を専攻し、当協会の活動およびパブリックアートに関心がある者。

※対象大学・学部は下記の「第43期 募集要項」 PDFでご確認ください。

■副賞

奨学金30万円を一括給費(銀行振込)
「クレアーレ熱海ゆがわら工房」工房見学会(授賞式前日)への招待

■応募締切日
2022年6月15日(水)までに郵送または協会に直接持参にて提出。※持参の場合は平日午前10時~午後5時受付可。
■決定通知
2022年9月中旬。本人及び大学宛に通知。
■授賞式および工房見学会
2022年10月下旬~11月上旬(工房見学会を含めて2日間を予定)。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、イベントは中止・変更となる場合があります。

※必ず下記PDFで詳細をご確認ください。なお、応募作品は原則返却いたしません。

「第43期 募集要項」PDFダウンロード(PDF: 3.4MB) 応募内容についてよくあるご質問(PDF: 206KB) キャプションラベルPDFダウンロード(PDF: 30KB)

ページトップヘ