青森空港「青の森 へ」
あおのもり へ
ステンドグラス

ステンドグラス「青の森 へ」 原画・監修:森本千絵
青森空港 旅客ターミナルビル1階 チケットロビー 2021年2月24日完成
※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されたものです。 原画を見る

制作風景

作家より

森本千絵アートディレクター・コミュニケーションディレクター/武蔵野美術大学術大学視覚伝達デザイン学科客員教授赤の魂から導く青の森―
頬を染めた、青森っ子の跳人が笑顔で心躍らせる。
リズムと共に、世界一の紅葉の奥入瀬の景色へと導かれ、
やがて雪景色へと変幻する。
水面下で美しい水を得た土には春の準備がはじまる。
そして芽吹きを迎え、やがて青の森が生まれ始め太陽のよ
うなリンゴが歌いだし、
太鼓が鳴り出し、成長した少女が、飛び跳ね、空へと向かう。

青の森から導く赤の魂―
深い青の森を、跳人が舞い始める。
太鼓に歌に、リズムにあわせ少しずつ色が生まれる。
音色は根に宿り、樹々が育ち、森となる。
太陽のような赤いリンゴに恵まれ、やがてリンゴが花
火のように弾けて秋が訪れる。
奥入瀬の水は鏡のように穏やかに受け止めていく。
満開の紅葉は、まるで頬を染めた少女の笑顔のように
心を満たしていく。

制作ノート

「青の森 へ」

わたくしは幼少期、青森県三沢市で育ちました。
祖父の車で巡った青森の風や彩りを今でも覚えています。

空の旅でたどり着いたこの場所、
まさに青空から青森へ。
青の光でお迎えしたいと考えました。

青森は、
魂の情熱と自然の冷静が、
四季の恵みの中で、
美しく揺れています。

物語を辿るように
双方からこの絵を楽しんでください。

四季や天候、時間で変わる光で
この青の森は、いろんな表情を見せてくれます。
それは青森の旅そのもの。

ぜひ、この地を、空を、光を楽しんでください。(森本千絵)

作品によせて

青森県知事
三村 申吾
この度、公益財団法人日本交通文化協会の御協力により、青森空港旅客ターミナルビルに、三沢市御出身で、アートディレクターとして多方面で御活躍されている森本千絵先生の原画・監修によるステンドグラス「青の森へ」が設置されることとなりました。
森本先生をはじめ、本作品の制作・設置に御尽力いただきました関係者の皆様に対し、心から感謝を申し上げます。
本作品は、「青空から青森へ。青の光でお迎えしたい」という森本先生の想いのもと、青森県が誇る青森ねぶた祭のねぶたや跳人(ハネト)、太陽のような赤いりんご、十和田湖や奥入瀬、白神山地といった美しい自然など、人々を魅了してやまない青森の風物風景が表現されています。
青森空港においては、旅客ターミナルビルのリニューアルや国際線ボーディングブリッジの2スポット化により、これまで以上に快適に御利用いただける環境が整備されたほか、昨年は青森・神戸線が就航するなど、路線の充実も図られています。
本作品が、全国そして世界から青森を訪れる多くの方々を出迎える新たなシンボルとして親しまれ、青森空港が一層賑わい、訪れる皆様にとって心地よい場所となることを期待しています。

公益財団法人 日本交通文化協会 理事長
滝 久雄
青森空港にアートディレクターの森本千絵先生の原画・監修によるステンドグラス作品「青の森へ」が完成しました。心からお喜び申し上げます。
この作品は多くの方のお力添えで実現しました。森本先生には何度も「クレアーレ熱海ゆがわら工房」に来ていただき絵付けと監修をしていただきました。また多くの人の目に触れる場所をご提供いただきました青森空港ビル様、助成をいただきました一般財団法人・日本宝くじ協会様にも深く感謝しております。
この作品は青森の森と空と海を象徴する青と、太陽やリンゴや情熱を現わす赤を基調に、ねぶた祭や踊り手の跳人(はねと)、こけし、十和田湖や奥入瀬や白神山地など、青森の豊かな風物と風景が描かれております。三沢市ご出身の森本先生の青森に対する郷愁と、飛躍への願いがあると感じます。また先生のデザインがステンドグラスという素材と出会うことで、作品は新しい息吹を獲得したと思います。
私は約50年、「人々が行きかう場所をアートで飾り、より快適にしよう」と、公共空間にアートを設置する活動を続けてきまして、これは547作品目となります。この作品が青森空港のランドマークとなり、多くの人々に愛されることを願っております。

作品データ

原画・監修森本千絵 企画日本交通文化協会
場所青森空港 旅客ターミナルビル1階 チケットロビー マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2021年 2月24日 協賛日本宝くじ協会
種類ステンドグラス ニュース青森空港に大型パブリックアート作品設置
青森空港の大型ステンドグラス『青の森 へ』お披露目
サイズたて2.4m×よこ11.4m
キーワード青森、青森ねぶた祭、ねぶた、跳人、リンゴ、紅葉、十和田湖、奥入瀬、白神山地、こけし、宝くじ社会貢献広報事業

作品データ

原画・監修森本千絵
場所青森空港 旅客ターミナルビル1階 チケットロビー マップ
設置時期2021年2月24日
種類ステンドグラス
サイズたて2.4m×よこ11.4m
キーワード青森、青森ねぶた祭、ねぶた、跳人、リンゴ、紅葉、十和田湖、奥入瀬、白神山地、こけし、宝くじ社会貢献広報事業
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
協賛日本宝くじ協会
ニュース青森空港に大型パブリックアート作品設置
青森空港の大型ステンドグラス『青の森 へ』お披露目

マップ

詳細マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2014年 11月22日
弘前市民会館
「青の時間」
(24.2km)
MAP >

ステンドグラス
1987年 10月
東奥義塾高等学校
「宇宙」
(24.5km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ