JR東日本 大宮駅「光と水と生命」
ひかりとみずとせいめい
ステンドグラス

ステンドグラス「光と水と生命」 原画・監修:ルードヴィッヒ・シャフラット
JR東日本 大宮駅 二階自由通路西口正面 1982年6月完成 協賛:サイサン、サイサングループ 原画を見る

制作風景

作家より

ルードヴィッヒ・シャフラットステンドグラス作家 大宮駅ステンドグラスの出発点として、かつて読んだり聞いたりしたことで、後に自ら見、経験したことから、2つのテーマがまとまりました。
 それは、光と水です。日本の国は、海に囲まれ、かつ地中からは温泉が湧き出ています。国名も、光の源(日の本)を意味しています。ステンドグラスの技術は、この2つのテーマを1つのイメージに実現するのに最適です。明るく、あるいはほのかに輝くガラスは、光を透過して、日により、季節により変化するからです。流れるような構成は、雲から降りそそぐ雨と、地下より湧き上る泉を表わしています。水は、この構図の中では大きな形体をなし、150メートルもの長いコンコースにあって、焦点のような象徴的存在となるでしょう。
 このステンドグラスの中心部は、大宮周辺の地形を自由に解釈したものです。外から内へ、内から外へ、部分的に彩色した一束の幾何学的な線がシンボライズされています。
 これは新幹線によって、大宮が技術のラッシュとなり、国土の開発が、人の体内をめぐる静脈のように、国土をかけぬけることになると思うからです。
 このステンドグラスが、自然と技術の調和的統一をもって、万人に認識されるよう望みます。(1982年6月東京にて)

作品によせて

ドイツ連邦共和国大使館 文化兼領事部長
Dr. ヴォルフガング・ヴィースナー
 芸術と技術とは離れているようで実は近いものであります。この二つのカテゴリーの多用な相互関係を物語る実例は多く、それぞれに光彩を放っています。
 大宮駅で、科学の英知が生み出した最新の列車から降りた乗客は、ルートヴィヒ・シャフラット氏の表現力豊かな、真に意味の深い作品を目にすることによって、すばらしい旅の印象の最後を飾ることができるでしょう。
 我々は、ドイツの芸術家がこの建物の装飾を担当する一人として選ばれたことを喜しく思います。シャフラット氏に対しましては、その作品が永久に称えられる機会を与えられましたことを心からお祝い申し上げます。

作品データ

原画・監修ルードヴィッヒ・シャフラット 企画日本交通文化協会、(協力:大宮ステーションビル)
場所JR東日本 大宮駅 二階自由通路西口正面 マップ 製作ルードヴィッヒ・シャフラット
設置時期1982年 6月 協賛サイサン、サイサングループ
種類ステンドグラス ニュース
サイズ縦4.4m × 横12.5m
キーワード光、水、生命

作品データ

原画・監修ルードヴィッヒ・シャフラット
場所JR東日本 大宮駅 二階自由通路西口正面 マップ
設置時期1982年6月
種類ステンドグラス
サイズ縦4.4m × 横12.5m
キーワード光、水、生命
企画日本交通文化協会、(協力:大宮ステーションビル)
製作ルードヴィッヒ・シャフラット
協賛サイサン、サイサングループ
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
1983年 3月
JR東日本 大宮駅
「川の祭り」
(86m)
MAP >

ステンレスモニュメント
1985年 10月
JR東日本 大宮駅
「行きかう・線(まめの木)」
(88m)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ