山本容子
やまもとようこ

プロフィール

山本容子  やまもとようこ
銅版画家

銅版画家

都会的で軽快洒脱な色彩で、独自の銅版画の世界を確立。数多くの書籍の装幀、挿絵を手がける。絵本やエッセイの著作も多い。 ライフワークのひとつとして医療現場における壁画の創作など「ホスピタル・アート」にも活動の場を広げている。
Yoko Yamamoto 山本容子オフィシャルサイト

手がけたパブリックアート

モザイク
2008年 6月14日
新宿三丁目駅
「Tea Party」

MAP >

ステンドグラス
2008年 6月14日
新宿三丁目駅
「Hop, Step, Hop, Step」

MAP >

ステンドグラス
2007年 10月14日
鉄道博物館
「過ぎゆくもの」

MAP >

ステンドグラス
2003年 11月
(現在非展示)
「le 6ème sens」

MAP >

経歴

1952
埼玉県で生まれ、大阪で育つ
1977
第2回「京都洋画版画美術展」新人賞受賞、第2回「現代版画コンクール展」コンクール賞受賞
1978
京都市立芸術大学西洋画専攻科修了
第2回「日本現代版画大賞展」西武賞受賞
1980
「京都市芸術新人賞」受賞
「エイボン女性年度賞」芸術賞受賞
1983
第4回「韓国国際版画ビエンナーレ」優秀賞受賞
1992
第23回「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞受賞
2007
第25回「京都府文化賞」功労賞受賞
2011
「京都美術文化賞」受賞
2013
平成25年度京都市文化功労者
ページトップヘ