髙橋節郎
たかはしせつろう

プロフィール

髙橋節郎 たかはしせつろう
漆芸家

漆芸家

伝統的な漆工芸に現代的な感覚を導入し緊張感に満ちた華麗な作品を生み出す。彫刻的表現や壁画など「漆」の世界に留まらない多くの作品を手がける。1997年文化勲章受章。
豊田市美術館・髙橋節郎館
安曇野高橋節郎記念美術館

手がけたパブリックアート

陶板レリーフ
2005年 4月
福井駅
「越前幸幸」

MAP >

陶板レリーフ
2002年 3月
松本市美術館
「飛翔」

MAP >

陶板レリーフ 自然石
2000年 10月
汐留駅
「日月星花」

MAP >

経歴

1914年
長野県穂高町に生れる
1940年
東京美術学校を修了
1958年
社団法人日展 評議員となる
1976年
東京芸術大学美術学部教授に就任
1981年
日本芸術院会員となる
1995年
東京芸術大学名誉教授となる
愛知県豊田市美術館の新設に伴い、高橋節郎館を併設
1997年
フランスにおける日本年関連事業、「漆の黒・光のメッセージー現代日本の漆芸―髙橋節郎展」開催
文化勲章受章
日本現代工芸美術家協会常任顧問となる
2007年
永眠
日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ