TOP 矢印 パブリックアート事業 矢印 作品紹介 矢印 出会いそして旅立ち

小田急線下北沢駅「出会いそして旅立ち」
であいそしてたびだち
陶板レリーフ

陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」 原画:宮永岳彦   監修:宮永辰夫、小林敬生、日高康志
小田急線 下北沢駅 改札内コンコース壁面 2019年3月29日完成
※この陶板レリーフは、小田急電鉄株式会社が30年にわたり進めてきた複々線化事業完成のメモリアルとして設置されました。

制作風景

制作ノート

昭和を代表する洋画家・宮永岳彦氏(1919年-1987年)は、油絵のみならず、デザイナーとしても活躍しました。
この壁画は小田急電鉄株式会社のために宮永氏が手がけた数々の観光ポスターをもとに小田急グループの経営理念”かけがえのない時間(とき)とゆたかなくらし”にそって再構成したものです。
日々のくらしの足として、また、国内有数の観光地を有する路線としての使命を全うするとの決意も込められています。 
この陶板レリーフは、小田急電鉄株式会社が30年にわたり進めてきた複々線化事業完成のメモリアルとして設置されました。

作品データ

原画宮永岳彦 企画日本交通文化協会
監修宮永辰夫、小林敬生、日高康志 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房、信楽工房
場所小田急線下北沢駅改札内コンコース壁面 マップ ニュース
設置時期2019年 3月29日
種類陶板レリーフ
サイズたて2.6m×よこ8.9m
キーワード小田急線 ポスター デザイン ロマンスカー 箱根 丹沢 江ノ島 観光

作品データ

原画宮永岳彦
監修宮永辰夫、小林敬生、日高康志
場所小田急線下北沢駅改札内コンコース壁面 マップ
設置時期2019年3月29日
種類陶板レリーフ
サイズたて2.6m×よこ8.9m
キーワード小田急線 ポスター デザイン ロマンスカー 箱根 丹沢 江ノ島 観光
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房、信楽工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

道標
1992年 12月
世田谷区西山橋
「(無題)」
(1.7km)
MAP >

金属レリーフ 陶板レリーフ
1996年 10月
キャロットタワー
「アストロラーベ」
(1.9km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ