TOP 矢印 パブリックアート事業 矢印 作品データベース 矢印 シュ、シャ、シッ 空と水と光に捧げる詩

釧路空港「シュ、シャ、シッ 空と水と光に捧げる詩」
しゅ、しゃ、しっ そらとみずとひかりにささげるし
陶板レリーフ

陶板レリーフ「シュ、シャ、シッ 空と水と光に捧げる詩」 原画・監修:五十嵐威暢
釧路空港 旅客ターミナルビル 2階出発ロビー 2015年12月16日完成 ※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されたものです。 原画を見る

制作風景

制作ノート

 釧路空港は「水のカムイ観光圏」と呼ばれる2つの国立公園(釧路湿原国立公園・阿寒国立公園)やラムサール条約登録湿原など希少な自然環境に囲まれています。阿寒湖から流れる阿寒川と屈斜路湖から流れる釧路川は、空港周辺エリアの産業や生活の根幹を支えるだけでなく、釧路沖の海上から流れ込む温かい空気で霧を発生させ、阿寒カルデラと屈斜路カルデラの森を潤します。また、冬になると3つのカルデラ湖(阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖)に結氷や霧氷(樹氷・粗氷・樹霜)、フロストフラワー、ダイヤモンドダストなど様々な氷の現象を発生させます。このような空港周辺エリア特有の「水」の営みをコンセプトに、今回の陶板レリーフが製作されました。

作品データ

原画・監修五十嵐威暢 企画日本交通文化協会
場所釧路空港 旅客ターミナルビル 2階出発ロビー マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2015年 12月16日 ニュース釧路空港に陶板レリーフのパブリックアートが登場しました
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 5.1m × 幅 4.5m
キーワード

作品データ

原画・監修五十嵐威暢
場所釧路空港 旅客ターミナルビル 2階出発ロビー マップ
設置時期2015年12月16日
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 5.1m × 幅 4.5m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース釧路空港に陶板レリーフのパブリックアートが登場しました

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2014年 9月
東川町国際交流会館
「(無題)」
(154.1km)
MAP >

ステンドグラス
2014年 9月27日
旭川空港
「光彩の大地」
(157.5km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ