福岡空港「そらの港」
そらのみなと
ステンドグラス

ステンドグラス「そらの港」 原画・監修:野見山暁治
福岡空港 国際線ターミナルビル3Fロビー 2013年1月29日完成 ※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されたものです。 原画を見る

制作風景

作家より

野見山暁治洋画家見たこともない貝殻模様のスカーフに、
鮮やかな彩りの布で身を包み、
たゆたゆと、あるいは大股に、行き交う人たち。
いったい何處から、ここに舞いおりてきたのだろう。
果てしない天空に攫(さら)われ、
太陽の回転に逆(さか)らって、
夜が明けても夜、昼が過ぎても昼のまま。
やがて浮遊する雲の層にまぎれて、
ようやくにもこの地点に還されたのだ。
飛びたつ前よりも、しっかりと両脚を踏みしめているが、
ここはまだ大地ではない。
ましてや天空でもない不思議な空間、そらの港。

制作ノート

様々な国から多くの人が降り立ち、旅の楽しみに胸を膨らませる国際空港を表現しており、画伯自らが微妙なタッチをガラスに描画し、野見山画伯の世界を再現しました。ステンドグラスのガラスはひとつずつ手作りで作られたドイツ製アンティークグラスで、作品全体で約100種類・約3000ピースを使用しています。原画のダイナミックさを損なわないよう、ガラスを切り分ける線、白色部分のガラスの色にこだわりました。白色部分だけでも10数種類のアンティークグラスを用いています。ガラス一つ一つの表面にある微妙な表情が美しい映り込みを描き出し、彩りあふれる光の空間を作り出します。

作品データ

原画・監修野見山暁治 企画日本交通文化協会
場所福岡空港 国際線ターミナルビル3Fロビー マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2013年 1月29日 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 3.4m × 幅 10m
キーワードそらの港

作品データ

原画・監修野見山暁治
場所福岡空港 国際線ターミナルビル3Fロビー マップ
設置時期2013年1月29日
種類ステンドグラス
サイズ高さ 3.4m × 幅 10m
キーワードそらの港
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2011年 3月
博多駅
「海の向こうから」
(2.3km)
MAP >

ステンドグラス
2017年 3月24日
飯塚市役所
「還ってくる日」
(23.9km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ