熊本空港「雲上の岳神」
うんじょうのがくじん
陶板レリーフ

陶板レリーフ「雲上の岳神」 原画・監修:高津明美
熊本空港 国内線ターミナル1階到着ロビー 2012年2月完成 ※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されたものです。 原画を見る

制作風景

作家より

高津明美染色工芸家大観峰(だいかんぼう)からはるかに雲海に浮かぶ阿蘇の山々を眺めているとき、
私の心はいつしか自然への畏敬の念に満たされています。
そして、雲海が消え去ったあとの晴れやかな山容が
パノラマのように瞼の奥に広がってくるのです。

制作ノート

 熊本空港ターミナル整備第一期工事終了に伴い、完成された陶板レリーフ「雲上の岳神」は原画・監修を熊本市在住の染色工芸作家 高津明美先生が行いました。九州のシンボルでもある雄大な眺めを誇る阿蘇山を明るくエネルギッシュに表現。雲海に浮かぶ米塚、その向こうに根子岳、高岳、中岳など阿蘇の山々が目の前に拡がります。迫力ある陶板レリーフが熊本空港の玄関口を飾り、訪れる方々を楽しませてくれます。
 制作には日本古来の焼き物の伝統技術を生かし、それに大胆な凹凸を与えることにより、陰影と釉薬の色彩が作り出す迫力ある作品に仕上げました。

作品データ

原画・監修高津明美 企画日本交通文化協会
場所熊本空港 国内線ターミナル1階到着ロビー マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2012年 2月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 4.5m × 幅 4.0m
キーワード阿蘇 、雲海 、米塚 、根子岳 、高岳 、中岳

作品データ

原画・監修高津明美
場所熊本空港 国内線ターミナル1階到着ロビー マップ
設置時期2012年2月
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 4.5m × 幅 4.0m
キーワード阿蘇 、雲海 、米塚 、根子岳 、高岳 、中岳
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2011年 12月27日
長崎空港
「空の守神」
(88.1km)
MAP >

ステンドグラス
2017年 3月24日
飯塚市役所
「還ってくる日」
(91.4km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ