長崎空港「空の守神」
そらのまもりがみ
ステンドグラス

ステンドグラス「空の守神」 原画・監修:中野竜志
長崎空港 旅客ターミナルビル2階吹抜け 2011年12月27日完成 ※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されたものです。 原画を見る

制作風景

制作ノート

長崎の空の玄関・長崎空港に、龍が舞い降りました。
空港入口付近の2F吹き抜け天井に、長崎名物である龍踊り(じゃおどり)の龍を爽やかなブルーで描いたステンドグラスが完成しました。ステンドグラスはドイツ製の手作りのガラスを用い、中世からの技法を忠実に守って制作されました。
古来より神として人々に崇められた龍が、まるで長崎の空を守るように天を踊ります。

作品データ

原画・監修中野竜志 企画日本交通文化協会
場所長崎空港 旅客ターミナルビル2階吹抜け マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2011年 12月27日 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ3m × 9m
キーワード

作品データ

原画・監修中野竜志
場所長崎空港 旅客ターミナルビル2階吹抜け マップ
設置時期2011年12月27日
種類ステンドグラス
サイズ3m × 9m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
1986年 5月
カトリック西町教会
「流れ」
(15.2km)
MAP >

ステンドグラス
2000年 7月
アミュプラザ長崎
「龍踊り」
(18.7km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ