大阪ステーションシティ「桜」
さくら
ステンドグラス

ステンドグラス「桜」 原画・監修:水戸岡鋭治
大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング 4F オフィスロビー エレベーターホール 2011年5月完成

制作風景

制作ノート

2011年春、西日本最大の交通ターミナル゛JR大阪駅゛に直結するオフィス空間<ノースゲートビルオフィスタワービル>がオープン。
エネルギーをはじめ、環境や暮らしにおいて、「エコ」という社会的な時代の流れの中で、ノースゲートビル・オフィスタワービルに設置されるステンドクラスにも、心理的作用や癒し効果をもたらし、「エコ」エッセンスを感じさせる「植物」がモチーフとして用いられました。

なかでも「桜」は日本の国花であり、大阪市の花としても定められています。「心の美しさ、精神の美しさ」という花言葉を持つ桜は、日本人のアイデンティティを感じさせる花でもあります。オフィスタワーが大阪ステーションシティに位置し、大阪をシンボライズする存在として、モチーフに桜を用いました。

作品データ

原画・監修水戸岡鋭治 企画クレアーレ熱海ゆがわら工房
場所大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング 4F オフィスロビー エレベーターホール マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
設置時期2011年 5月 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 3.0m × 幅 1.75m
キーワード桜 、大阪

作品データ

原画・監修水戸岡鋭治
場所大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング 4F オフィスロビー エレベーターホール マップ
設置時期2011年5月
種類ステンドグラス
サイズ高さ 3.0m × 幅 1.75m
キーワード桜 、大阪
企画クレアーレ熱海ゆがわら工房
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2011年 5月
大阪ステーションシティ
「梅」
(3m)
MAP >

陶板レリーフ
1984年 3月
大阪城公園駅
「大阪城公園駅」
(3.9km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ