博多駅「海の向こうから」
うみのむこうから
ステンドグラス

ステンドグラス「海の向こうから」 原画・監修:野見山暁治
博多駅 新幹線3階連絡改札口内 4F 2011年3月完成 原画を見る

制作風景

作家より

野見山暁治洋画家 ここは目の前いっぱいに海が拡がっています。わたしは子供の頃から、ここで泳いでいました。右の方へ砂浜が長く延びて、その先に志賀島、左のすぐ目の前に能古島。それらを大きく抱いている博多湾。
 祖父に連れられて、よく大宰府、都府楼のあたりを歩き、中国大陸から伝わってきた文明の、目の前に映る終着の風景を眺めたものです。
 その遥かな経路、目に見えない遠いところから風が渡ってきて、この青い海が泡立つ。わたしにとって故郷を描くというのは、先祖から伝わってきたこうした時の流れの形です。
 いやしかし、なにも作者の思いで眺めることはない。往々にして作者は能書き述べたがる。これは自然を真似て作った透明なガラスの空間、どうかゆっくりと通ってください。

作品データ

原画・監修野見山暁治 企画クレアーレ熱海ゆがわら工房
場所博多駅 新幹線3階連絡改札口内 4F マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
設置時期2011年 3月 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.5m × 幅 7.5m
キーワード

作品データ

原画・監修野見山暁治
場所博多駅 新幹線3階連絡改札口内 4F マップ
設置時期2011年3月
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.5m × 幅 7.5m
キーワード
企画クレアーレ熱海ゆがわら工房
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
ニュース

マップ

詳細マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2013年 1月29日
福岡空港
「そらの港」
(2.3km)
MAP >

ステンドグラス
2017年 3月24日
飯塚市役所
「還ってくる日」
(25.9km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ