熱海市役所泉支所「水面の景」
すいめんのけい
陶板レリーフ

ステンドグラス「水面の景」 原画・監修:クレアーレ工房
熱海市役所泉支所 入口 2011年1月24日完成

作家より

クレアーレ工房 (旧 現代壁画研究所)パブリックアート制作集団日本の伝統的な焼き物(陶)の素材、技法にクレアーレ独自のアレンジを加え制作したもので、川面に広がる水紋を立体的な陶造形(かたち)と味わい深い釉薬(いろ)で表現しました。このかたちといろを永遠のものにするために高温(1230度)で焼成していますが、その時に釉薬(いろ)が溶けて陶(かたち)の凹凸に流れ込んだり、あるいは溜まったりして面白い効果を生みました。この偶然のおもしろさも陶板レリーフの魅力のひとつです。

作品データ

原画・監修クレアーレ工房 (旧 現代壁画研究所) 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
場所熱海市役所泉支所 入口 マップ 協賛伊豆湯河原温泉観光協会
設置時期2011年 1月24日 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 0.48m × 幅 0.65m
キーワード千歳川 、水紋

作品データ

原画・監修クレアーレ工房 (旧 現代壁画研究所)
場所熱海市役所泉支所 入口 マップ
設置時期2011年1月24日
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 0.48m × 幅 0.65m
キーワード千歳川 、水紋
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房(技術指導:日本交通文化協会)
協賛伊豆湯河原温泉観光協会
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2011年 1月24日
熱海市役所泉支所
「水面の景」
(0m)
MAP >

ステンドグラス
1985年 5月
湯河原駅
「湯河原の四季」
(2.4km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ