清瀬けやきホール「清瀬の流れ」
きよせのながれ
陶板レリーフ,金属

陶板レリーフ・金属「清瀬の流れ」 
原画・金属造形・監修:澄川喜一
清瀬けやきホール ホール吹き抜け壁  2010年10月完成
※この作品は、宝くじの社会貢献広報事業として助成を受け整備されました。 原画を見る

制作風景

制作ノート

 2010年秋、東京都清瀬市の清瀬市民センターがリニューアルされて「清瀬けやきホール」が誕生。その壁画を彫刻家・澄川喜一先生が制作しました。見る角度によって表情が変化する…そんな楽しい壁画が、市民の話題を集めています。
 エントランスを入り、ここを訪れる人が最初に目にする場所に設置された壁面は、2階テラスからも鑑賞することができます。柳瀬川の清流にアユが泳ぎ戯れる本作品と、希望と夢の象徴である虹と太陽と月に飛び交う鳥を配した作品「日・月」。この2作品は、左右の壁に向き合うように設置されています。
 この壁面は、視点を変えることでまったく異なる表情をつくります。澄川先生がレリーフのひとつひとつの形をデザインし、その側面に微妙な角度を施こすことで、角度によって表情が変化するよう、工夫されています。
 また、壁面には金属によってシンプルに造形された鳥と魚が配され、楽しさと温もりを感じさせてくれます。
 この地にアトリエを構える澄川先生の郷土への想いとユニークな発想が生かされた作品となっています。

作品データ

原画・金属造形・監修澄川喜一 企画日本交通文化協会
場所清瀬けやきホール ホール吹き抜け壁 マップ 製作クレアーレ 熱海ゆがわら工房
設置時期2010年 10月 協賛日本宝くじ協会
種類陶板レリーフ金属 ニュース
サイズ幅 6.3m × 高さ 4.1m
キーワード清瀬 、流れ 、宝くじ社会貢献広報事業

作品データ

原画・金属造形・監修澄川喜一
場所清瀬けやきホール ホール吹き抜け壁 マップ
設置時期2010年10月
種類陶板レリーフ金属
サイズ幅 6.3m × 高さ 4.1m
キーワード清瀬 、流れ 、宝くじ社会貢献広報事業
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ 熱海ゆがわら工房
協賛日本宝くじ協会
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ 金属
2010年 10月
清瀬けやきホール
「日・月」
(0m)
MAP >

彫刻(テラコッタ)
1997年 1月
東久留米市役所
「ゆばやし '96-Ⅱ」
(2.1km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ