成田湯川駅「雲上晴朗」
うんじょうせいろう
ステンドグラス

ステンドグラス「雲上晴朗」 原画・監修:南雲勝志、篠原修
京成成田スカイアクセス線 成田湯川駅コンコース 2010年2月1日完成

制作風景

作家より

篠原修景観デザイナー曇天、雨、雪の日でも雲を抜けると、空は常に晴朗である。日常の愁い、悩み、迷いの感情を振り捨てよと言うが如く、空は晴朗である。それがたとえ一刻のことであるにせよ、天の晴朗は我々を勇気づける。

作品によせて

成田高速鉄道アクセス株式会社 代表取締役社長
澤田諄
成田国際空港は日本と外国との航空旅客の半数以上が利用している表玄関です。成田スカイアクセスは、成田空港と都心を短時間で接続する鉄道としての役割をもって誕生いたしました。外国からのお客様が日本への第一歩として利用頂く鉄道駅である、成田空港駅(第1旅客ターミナル)と空港第2ビル駅(第2旅客ターミナル)に、また中間駅の成田湯川駅に、世界・日本・雲をイメージしたステンドグラスや伝統的な陶板によるパブリックアートを設置しました。さらに旅客の案内・誘導の設備には、日本の文化を感じて頂けるよう和紙や漆を用いた光ゲートを設置するなど、関係者のご支援ご協力を得て、駅と文化の出会いを演出することが出来ました。
成田空港駅を発車すると間もなく、外国からのお客様が目にするのは、印旛沼を含む美しい田園風景です。車窓からの景観を堪能できるよう高架橋の設計も配慮しております。沿線から見る成田湯川駅と駅前広場、里山となじんだ印旛沼の橋梁のデザインなど、成田スカイアクセスが、鉄道のお客様のみならず沿線地域の方々からも受け入れて頂けるようにデザインしました。建設に携わったものとして、建設費を低減した中でのささやかな「アート」と感じて頂ければ幸せです。

作品データ

原画・監修篠原修 企画日本交通文化協会
場所京成成田スカイアクセス線 成田湯川駅コンコース マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2010年 2月1日 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 4.4m × 幅 8.8m
キーワード

作品データ

原画・監修篠原修
場所京成成田スカイアクセス線 成田湯川駅コンコース マップ
設置時期2010年2月1日
種類ステンドグラス
サイズ高さ 4.4m × 幅 8.8m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース

マップ

詳細マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
2010年 2月1日
空港第2ビル駅
「おー日本よ」
(9.1km)
MAP >

ステンドグラス
1998年 10月
成田国際空港
「飛翔する天女たち」
(9.2km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ