明治神宮前駅「いつかは会える」
いつかはあえる
ステンドグラス

ステンドグラス「いつかは会える」 原画・監修:野見山暁治
東京メトロ 明治神宮前駅 B1F 神宮前交差点方面改札 2008年6月14日完成 原画を見る

作家より

野見山暁治洋画家目の前に拡がっているすべてのモノ。それらは恐ろしい力を内に秘めて、素知らぬ顔をしている。ぼくはその奥深いカタチを暴いて、画面に晒したいと、ずっと試みてきた。
表面の現象から、どう内部に切り込んでゆけばよいのか、すぐにも正体は暴かれるはずだと思い込んで今日に及んでいる。これはぼくの思い込みだろうが、カタチがすべてのモノに潜んでいることだけは確かだ。

作品データ

原画・監修野見山暁治 企画副都心線パブリックアート推進委員会
場所東京メトロ 明治神宮前駅 B1F 神宮前交差点方面改札 マップ 製作日本交通文化協会現代壁画研究所(現 クレアーレ熱海ゆがわら工房)
設置時期2008年 6月14日 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.6m × 幅 10m
キーワード

作品データ

原画・監修野見山暁治
場所東京メトロ 明治神宮前駅 B1F 神宮前交差点方面改札 マップ
設置時期2008年6月14日
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.6m × 幅 10m
キーワード
企画副都心線パブリックアート推進委員会
製作日本交通文化協会現代壁画研究所(現 クレアーレ熱海ゆがわら工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
1988年 2月
原宿駅
「(無題)」
(320m)
MAP >

ステンドグラス
2008年 6月14日
渋谷駅
「海からのかおり」
(1km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ