流山おおたかの森駅「天地の恵-花々の輝き」
てんちのめぐみ はなばなのかがやき
ステンドグラス

ステンドグラス「天地の恵-花々の輝き」 原画:小倉遊亀
つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 コンコース内 2005年8月完成

制作風景

制作ノート

 多くの人が集まる首都圏の新たな交流拠点となる「流山おおたかの森駅」。沿線地域の活性化をリードするような、明るい光とエネルギーに溢れた清々しい空間をステンドグラスにより演出しました。
 人里近い近隣には、森林や農耕地が残され、そこには捕獲が禁止されている国内貴重種に指定されているオオタカが住み、現在保存運動が行われています。
 小倉遊亀先生が描かれる優しさ溢れる花々の中にオオタカのシルエットが隠れています。

作品データ

原画小倉遊亀 企画日本交通文化協会
場所つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 コンコース内 マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
設置時期2005年 8月 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.2m × 幅 18.5m
キーワード

作品データ

原画小倉遊亀
場所つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅 コンコース内 マップ
設置時期2005年8月
種類ステンドグラス
サイズ高さ 2.2m × 幅 18.5m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
1992年 2月
越谷市中央市民会館
「水・太陽・緑」
(12.2km)
MAP >

ステンドグラス
1990年 3月
足立区神明住区センター
「水の流れ」
(12.5km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ