福井駅「越前幸幸」
えちぜんこうこう
陶板レリーフ,漆

陶板レリーフ,漆「越前幸幸」 原画・監修:高橋節郎
JR福井駅 コンコース改札内正面 2005年4月完成

作家より

高橋節郎漆芸家素晴らしき海
みごとな山々
これぞ越前の宝なり

制作ノート

 この壁画は越前に在ることの幸せを表しています。
 太古より大自然に恵まれた福井の歴史ある地に豊富な「山の幸」「海の幸」が後世に脈々と伝えられることを祈願して制作されました。
 鮮やかな漆の色彩を生かしたこの壁画からは根源的な生命(いのち)の楽しさや明るさが感じられます。福井の地で太古より育まれてきた自然と生命が若葉色と漆の朱で表されています。この場所に豊かな香りを漂わせ、後々までこの駅を訪れる人々を暖かく迎えてくれることでしょう。
 特に作品をまとめるにあたり、福井の地で育まれてきました越前の陶土、漆、きれいな山の水を使い、この新駅舎を中心に街が地域の人々と一体となり発展するようにとの願いが込められています。

作品データ

原画・監修高橋節郎 企画日本交通文化協会
場所JR福井駅 コンコース改札内正面 マップ 製作クレアーレ工房
設置時期2005年 4月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 2.5m × 幅 4.5m
キーワード

作品データ

原画・監修高橋節郎
場所JR福井駅 コンコース改札内正面 マップ
設置時期2005年4月
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 2.5m × 幅 4.5m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ ステンレス
2012年 5月19日
愛知大学 名古屋キャンパス
「愛の塔」
(116.5km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ