エミエルタワー竹の塚「竹の塚夢物語り」
たけのづかゆめものがたり
陶板レリーフ

陶板レリーフ「竹の塚夢物語り」 原画:宮田亮平
エミエルタワー竹の塚 建物外壁 2005年2月完成

制作ノート

 現在の竹の塚は団地の町である。竹の塚と呼ばれている地域は、古来からの竹塚村の領域ではなく住居表示によって生まれたもの。新しい都市開発で、鉄道の駅と同名が便利さをイメージされるとこらから、竹の塚の地域が拡がりました。
 「竹の塚」の言霊からイメージされる、竹やぶと昔懐かしい民家をテーマとしました。

作品データ

原画宮田亮平 企画日本交通文化協会
場所エミエルタワー竹の塚 建物外壁 マップ 製作現代壁画研究所(現 クレアーレ熱海ゆがわら工房)
設置時期2005年 2月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 約4m × 幅 約6m
キーワード

作品データ

原画宮田亮平
場所エミエルタワー竹の塚 建物外壁 マップ
設置時期2005年2月
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 約4m × 幅 約6m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所(現 クレアーレ熱海ゆがわら工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
1987年 8月
足立区伊興センター
「春のきざし」
(831m)
MAP >

陶板レリーフ
1992年 1月
竹の塚彫刻の道
「足立五色桜」
(894m)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ