中部国際空港セントレア「天空翔翔」
てんくうしょうしょう
陶板レリーフ

陶板レリーフ「天空翔翔」 原画・監修:高橋節郎
中部国際空港セントレア センタービアガーデン3F上部 2004年10月完成

作家より

高橋節郎漆芸家太陽はさんさんと輝き 水は光る。
草木は清らかに茂り 蝶は舞う。
鳥たちは大空を飛びまわり・・・・・。

自然の美しさは
すべての人が共有できるよろこび 天恵。

制作ノート

【作品紹介】
 生命の誕生を感じさせるその形体は横に広がるのびやかさと、空に向かう命の息吹きを感じさせます。太古からの自然と命が触発するその詩とロマンは、私たちの心に素直に訴えかけ特有の香りを漂わせています。私たちの生活の奥深い背景、いってみれば遠い昔の祖先たちの原点につながる想念の流れ、心琴の波長が秘められ、それが作品の訴えの核心として生きています。空を自由に飛びゆく鳥の姿は作家のこころを表しているようです。一時人々の心に悠久の思いを抱かせます。

【壁画制作に関して】
 国際社会における日本の中で、よりインターナショナルな場のアートとして、日本の伝統的美意識と現代的表現を併せもっているこの作品は、色彩を抑え、コンテンポラリーな作品としてその空間をよりソフィスケートされたものとします。右壁面の鳥は高橋先生の指示により、抑えられた金と銀で表現いたします。

作品データ

原画・監修高橋節郎 企画中部国際空港
場所中部国際空港セントレア センタービアガーデン3F上部 マップ 製作日本交通文化協会クレアーレ工房
設置時期2004年 10月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 約4m × 幅 11m
キーワード

作品データ

原画・監修高橋節郎
場所中部国際空港セントレア センタービアガーデン3F上部 マップ
設置時期2004年10月
種類陶板レリーフ
サイズ高さ 約4m × 幅 11m
キーワード
企画中部国際空港
製作日本交通文化協会クレアーレ工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ タイルモザイク
1989年 2月
稲永スポーツセンター
「大空への飛翔」
(24.7km)
MAP >

陶板レリーフ ステンレス
2012年 5月19日
愛知大学 名古屋キャンパス
「愛の塔」
(34.1km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ