中部国際空港「冨士」
ふじ
陶板レリーフ

陶板レリーフ「冨士」 原画・監修:片岡球子
中部国際空港 センターピアガーデン3F上部 2004年10月完成

作家より

片岡球子日本画家 冨士は日本一の山である。古代より多くの画家が霊峰冨士を描きつづけてきた。
 私も冨士を描きつづけて長い時間をついやした。しかし、冨士は近づいてくれない。
 遠景、中景があまりにも雄大(立派)なので私は近景に献花し祈り続けている。

制作ノート

 片岡球子先生は日本を代表する女流作家として、強い個性をお持ちで、日本的イメージを鮮烈な色彩で大胆に表現しています。今回のこの作品も現代的な大胆な画面構成と日本独特の伝統的華やかさをもって表現されています。大変印象的な紫紺の冨士と日本の春を彩る美しい桜をメインとして晴れやかな日本の風景が先生独特のおおらかな筆致でのびやかに表されています。
 片岡先生は今までに多くの冨士を描かれていますが、その作品は山が持つエネルギーをつかみ出すとともに、そこから触発された先生御自身の感情が奔放に溢れ出ているのが感じられます。
 国際空港として開業する中部国際空港「セントレア」に先生の「冨士」が飾られることで、世界から来られる多くの方々の目を楽しませてくれることでしょう。

作品データ

原画・監修片岡球子 企画日本交通文化協会
場所中部国際空港 センターピアガーデン3F上部 マップ 製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
設置時期2004年 10月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ約4m × 6m
キーワード冨士山

作品データ

原画・監修片岡球子
場所中部国際空港 センターピアガーデン3F上部 マップ
設置時期2004年10月
種類陶板レリーフ
サイズ約4m × 6m
キーワード冨士山
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ熱海ゆがわら工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
2004年 10月
中部国際空港セントレア
「天空翔翔」
(42m)
MAP >

陶板レリーフ タイルモザイク
1989年 2月
稲永スポーツセンター
「大空への飛翔」
(24.7km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ