汐留駅「日月星花」
にちげつせいか
陶板レリーフ,自然石

陶板レリーフ「日月星花」 原画・監修:高橋節郎 都営 汐留駅 改札内通路壁面
2000年10月完成 ※「日本の鉄道―パブリックアート大賞」国土交通大臣賞受賞(2003年)

制作風景

制作ノート

 今回の壁画では、先生が使い慣れている漆を耐久性に優れる陶に置き換えて制作が進められた。原画に使われている漆をイメージした黒と金を陶板レリーフの上でどのように表現をするか、試行錯誤の中でさまざまな可能性を探り続けた。
 当時のクレアーレ工房で使用していた黒釉は硬くて重い表情になり、透明感のある漆黒のイメージではなく、エッジのきいた流れる透明釉で質の高い黒を求めて研究が重ねられた。さらに、金色に関しては、陶への定着の難しさもあり、いろいろな種類や色合いの金の可能性を慎重に探り、ひとつひとつテストを繰り返した。
 最終的には金箔の赤金を低温で焼き付け、汐留駅のテーマカラーである銀と白の空間の中に、漆黒の深さと金色の対比を生かした、時空を超えた世界をつくりあげた。
 何万光年を超え森閑と輝く星座、そこを自由に羽ばたく鳥の姿が作家の心を映し出し、遠くの山並みは故郷・信州の山々を表す。都会の喧騒の中にある駅空間に静謐なインパクトを放つこの陶板レリーフは、人々の目をひきつけ、その空間をより洗練されたものにしている。人々はここでひととき、悠久の思いに心を馳せる。

作品データ

原画・監修高橋節郎 企画日本交通文化協会
場所都営 汐留駅 改札内通路壁面 マップ 製作クレアーレ工房
設置時期2000年 10月 ニュース
種類陶板レリーフ自然石
サイズ高さ 2.6m × 幅 10.0m
キーワード

作品データ

原画・監修高橋節郎
場所都営 汐留駅 改札内通路壁面 マップ
設置時期2000年10月
種類陶板レリーフ自然石
サイズ高さ 2.6m × 幅 10.0m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作クレアーレ工房
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ