高崎市役所「高崎の春」
たかさきのはる
陶板レリーフ

陶板レリーフ「高崎の春」 原画:平山郁夫
高崎市役所 エントランスホール壁面 1998年3月完成 原画を見る

制作ノート

 高崎公園にある「ハクモクレン」の大木は春の始まりに白い花ばかりが咲き乱れます。高崎から眺められる美しい浅間山と烏川を背景に白木蓮が咲いている春景色を壁画にしました。ハクモクレンは元和5年(1619年)高崎城主となった安藤重信が、今は高崎公園となっている場所に良善寺という寺を建立し、その際に境内に植えたものと伝えられています。400年近い樹齢を重ねています。

作品データ

原画平山郁夫 企画日本交通文化協会
場所高崎市役所 エントランスホール壁面 マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
設置時期1998年 3月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ5.0m × 7.0m
キーワード

作品データ

原画平山郁夫
場所高崎市役所 エントランスホール壁面 マップ
設置時期1998年3月
種類陶板レリーフ
サイズ5.0m × 7.0m
キーワード
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
1982年 6月
高崎駅
「だるまの詩」
(764m)
MAP >

モニュメント
1997年 10月
高崎駅
「幸福のだるま」
(884m)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ