東久留米市役所「グローイングシティ」
ぐろーいんぐしてぃ
陶板レリーフ

陶板レリーフ「グローイングシティ」 原画・監修:ルイ・フランセン
東久留米市役所 ロビー壁面 1997年1月完成

制作ノート

 新市庁舎の建設に伴いアートワーク委員会が設置された。パブリックアートは美術館の中の作品と違い、誰の目にも入ってくる美術である。そこでは市民の賛同が得られる作品が制作されなくてはならない。作品傾向、素材、空間との整合性など美術的枠組みを決定してゆく議論は大事なプロセスである。
 この壁画には、当初、この土地と関わる具象的な題材、作品が求められていた。しかし話し合いを重ねる中で、「未来に開かれた新庁舎の空間には、大きな拡がりを感じさせるようなテーマで表現してみてはどうだろう。」という意見があがった。
 陶板の各部分は、粘土に色々なアクションを加え土から生まれてくるさまざまな表情の形を取り入れた。ルイ・フランセンはそうしてつくりだされた自由な形を広い壁面にのびやかに組み合せ「グローイングシティ」とした。

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン 企画日本交通文化協会
場所東久留米市役所 ロビー壁面 マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
設置時期1997年 1月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ約50㎡
キーワードグローイングシティ

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン
場所東久留米市役所 ロビー壁面 マップ
設置時期1997年1月
種類陶板レリーフ
サイズ約50㎡
キーワードグローイングシティ
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

彫刻
1997年 1月
東久留米市役所
「杏」
(3m)
MAP >

陶板レリーフ
2010年 10月
清瀬けやきホール
「日・月」
(2.1km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ