TOP 矢印 パブリックアート事業 矢印 作品紹介 矢印 マルコポーロ東方見聞行

仙台法務総合庁舎「マルコポーロ東方見聞行」
まるこぽーろとうほうけんぶんこう
陶板レリーフ

陶板レリーフ「マルコポーロ東方見聞行」 原画:平山郁夫
仙台法務総合庁舎 ロビー 1989年7月完成 原画を見る

制作ノート

 白馬に跨ったマルコポーロの勇姿。平山画伯が愛するシルクロードへの想いが、庁舎玄関ホールに凛とした品格を漂わせています。

作品によせて


俵谷利幸
 1988年の夏、私は仙台高等検察庁に赴任し、庁舎の新営にあたることになりました。その新営に際して、庁舎壁面への陶板壁画の設置を思い立ち、平山郁夫先生に「マルコポーロ東方見聞行」、吉田左源二先生に「仙台幻想」、福井爽人先生に「陸奥早春」の壁画制作を依頼しました。制作はクレアーレ信楽工房にお願いし、信楽焼きの大作が完成、仙台庁舎玄関ホールを飾ることになりました。工房の皆様の努力によって、壁画は全てのブロックに一分の亀裂もなく完璧に制作され、1989年7月30日に完成しました。まさに天佑の想いでした。
 これらの作品は仙台庁舎に栄光をもたらし、現在も職員に勇気と励ましを与えています。

作品データ

原画平山郁夫 企画現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
場所仙台法務総合庁舎 ロビー マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)、(技術指導:日本交通文化協会)
設置時期1989年 7月 ニュース
種類陶板レリーフ
サイズ2.0m × 4.5m
キーワード

作品データ

原画平山郁夫
場所仙台法務総合庁舎 ロビー マップ
設置時期1989年7月
種類陶板レリーフ
サイズ2.0m × 4.5m
キーワード
企画現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)、(技術指導:日本交通文化協会)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ
1989年 7月
仙台法務総合庁舎
「陸奥早春」
(1m)
MAP >

陶板レリーフ
1989年 7月
仙台法務総合庁舎
「仙台幻想」
(3m)
MAP >

コメントは受け付けていません。

ページトップヘ