TOP 矢印 パブリックアート事業 矢印 作品データベース 矢印 ミュンヘンオリンピック

猫田記念体育館「ミュンヘンオリンピック」
みゅんへんおりんぴっく
陶板レリーフ,アルミキャスト

陶板レリーフ,アルミキャスト「ミュンヘンオリンピック」 原画・監修:ルイ・フランセン
猫田記念体育館 エントランス・ロビー 1989年3月完成 原画を見る

制作ノート

陶で写実的に人物を表現することはとても難しいことである。性格をもった人物像をどのように焼き物で表現するか、これが作品構想のキーポイントであった。
ミュンヘンオリンピックで金メダルを得たことは一瞬の出来事でなく、それ以前からの人と人との友情や悲しみ、喜び、失望・・・・などの人間ドラマがある。猫田という人物を表すために、点の一つ一つをひと握りの陶の塊で作り、無数に組み合わせる点描的技法を考え付いた。作品全体を見渡すと、日の丸の上がるミュンヘンの街や、躍動する選手たちを包み込むような猫田選手が浮かび上がってくる。

※猫田勝敏(1944~1983)は東京オリンピックからモントリオールオリンピックまで4大会連続でオリンピック出場を果たし、金、銀、銅の3個のメダルを獲得、世界一のセッターと称された。JT猫田記念体育館は彼の人となりを称えて建てられた。

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン 企画日本交通文化協会
場所猫田記念体育館 エントランス・ロビー マップ 製作現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)
設置時期1989年 3月 ニュース
種類陶板レリーフアルミキャスト
サイズ5.4m × 15.0m
キーワードミュンヘンオリンピック 、猫田勝敏

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン
場所猫田記念体育館 エントランス・ロビー マップ
設置時期1989年3月
種類陶板レリーフアルミキャスト
サイズ5.4m × 15.0m
キーワードミュンヘンオリンピック 、猫田勝敏
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2001年 10月
中国労災病院
「敬華」
(21.2km)
MAP >

彫刻
1980年 7月
尾道市立大学
「むつみ」
(64.5km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ