興和紡本社「つながり」
つながり
陶板レリーフ,アルミキャスト

陶板レリーフ,アルミキャスト「つながり」 原画・監修:ルイ・フランセン
興和紡本社 エントランス外構 1988年11月完成

制作ノート

 制作の際に設計者である清家清先生※と作品の構想をたてた。興和紡績は常に変革を重ねて進歩してきた会社である。これをテーマとし、作品材料の持っている<素>の質感を生かすことを作品作りの基本姿勢とした。
 造形には綱、瓶、木材、ピアノ線など色々な物を道具とした。それらを粘土に押し付けたり、ピアノ線の両端をつかみ、揺らしながら粘土の塊を切ったりすると思いがけない形が生まれた。土が生み出す偶然性を汲みとるように造形した。
 アルミキャストの不完全な円弧の形を連続して配置することで、企業の変革の歴史を象徴した。アルミは高温で鋳造し、鋳砂をはがした肌合いのものを、アンカーで建築の壁にそのまま取り付けた。

※清家清(1918~2005)日本における代表的な現代建築家

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン 企画現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房 )
場所興和紡本社 エントランス外構 マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房 )(技術指導:日本交通文化協会)
設置時期1988年 11月 ニュース
種類陶板レリーフアルミキャスト
サイズ壁面2.2m×24.0m内 陶板25.5㎡、アルミキャスト8.0㎡
キーワード企業の変革の歴史

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン
場所興和紡本社 エントランス外構 マップ
設置時期1988年11月
種類陶板レリーフアルミキャスト
サイズ壁面2.2m×24.0m内 陶板25.5㎡、アルミキャスト8.0㎡
キーワード企業の変革の歴史
企画現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房 )
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房 )(技術指導:日本交通文化協会)
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

陶板レリーフ ステンレス
2012年 5月19日
愛知大学 名古屋キャンパス
「愛の塔」
(2.4km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ