(現在非展示)「こころ」
こころ
ステンドグラス

ステンドグラス「こころ」 原画・監修:ルイ・フランセン
(現在非展示) 1987年10月完成

制作ノート

 結婚式場内にあるチャペルの祭壇の後でバックライトにより浮き上がる本作のガラスは、和紙のように見える白いオパールセントに揺らぐようなブルーのオパックグラス※のグラデーションが選ばれ、厳かな場にふさわしい厳粛な印象となっている。
 二本の黄色い帯は主役の二人を、揺らぐブルーは二人のこころを繋ぐ大きな流れを表すようである。中心に据えられた十字架にもプリズマと呼ばれるジュエル調のガラスを嵌め込み、ステンドグラスと一体となって厳かな場を演出している。

※オパックグラス:不透明から半透明のグラデーションを持つアンティークグラス

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン 企画現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)
場所(現在非展示) マップ 製作現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)(技術指導:日本交通文化協会)
設置時期1987年 10月 ニュース
種類ステンドグラス
サイズ2.5m×2.8m
キーワード

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン
場所(現在非展示) マップ
設置時期1987年10月
種類ステンドグラス
サイズ2.5m×2.8m
キーワード
企画現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)
製作現代壁画研究所(現 クレアーレ工房)(技術指導:日本交通文化協会)
ニュース

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ