サンシャインシティ「江戸の四季」
えどのしき
陶板レリーフ

陶板レリーフ「江戸の四季」 原画:片岡球子
サンシャインシティ 西入口外構 1978年11月完成

制作ノート

 「江戸の四季」という題名は、東京の新名所の玄関を飾るにふさわしいということで決定されました。作品について片岡画伯は次のように述べています。「東京の新名所(サンシャインシティ)誕生に因み、『江戸の四季』というテーマをいただいて、この題名にふさわしい壁画を描くことになりました。江戸の昔から霊峰富士は、この東京の守り神でもあるかのように、朝夕にその勇姿を現しております。雪をいただいた正月の富士、すすき野の富士、吹雪の中の我慢の富士、いずれも日本人にとっては切り離すことのできない大切な富士です。この日本を清め守る富士に、四季の美しい花を添えて、感謝を込めて描きました。」(片岡球子氏の言葉)

作品データ

原画片岡球子 企画日本交通文化協会
場所サンシャインシティ 西入口外構 マップ 製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
設置時期1978年 11月 ニュースサンシャインシティ表正面に片岡球子画伯の陶板壁画「江戸の四季」
種類陶板レリーフ
サイズ3.3m × 14.0m
キーワード富士山

作品データ

原画片岡球子
場所サンシャインシティ 西入口外構 マップ
設置時期1978年11月
種類陶板レリーフ
サイズ3.3m × 14.0m
キーワード富士山
企画日本交通文化協会
製作現代壁画研究所 (現 クレアーレ工房)
ニュースサンシャインシティ表正面に片岡球子画伯の陶板壁画「江戸の四季」

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
1978年 11月
サンシャインシティ
「人と獣」
(44m)
MAP >

ステンドグラス
1978年 11月
サンシャインシティ
「群像」
(45m)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ