TOP 矢印 パブリックアート事業 矢印 作品データベース 矢印 西郷南洲・勝海舟会見の図

田町駅「西郷南洲・勝海舟会見の図」
さいごうなんしゅう かつかいしゅうかいけんのず
陶板レリーフ,ガラスモザイク

陶板レリーフ,ガラスモザイク「西郷南洲・勝海舟会見の図」 原画・監修:ルイ・フランセン
JR田町駅 改札外コンコース三田口(西口)壁面 1975年10月完成 協賛:三菱自動車

制作ノート

パブリックアートは美術家自身の理念だけではない要素をもちます。その地域の歴史的事柄を、シンボリックに造形し残す事は、地域の人々と一体となるアートの一つの様式です。
1866年、西郷隆盛と勝海舟は江戸薩摩藩蔵屋敷にて会見し、両雄互いに憂国の誠意にうたれ江戸を戦火から避けることになりました。この歴史的事柄を、レリーフ造形を施した陶板と、平板ではあるが強い色彩のガラスモザイクで形づくりました。

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン 企画日本交通文化協会
場所JR田町駅 改札外コンコース三田口(西口)壁面 マップ 製作ルイ・フランセン
設置時期1975年 10月 協賛三菱自動車
種類陶板レリーフガラスモザイク ニュース
サイズ3.0m × 5.5m
キーワード西郷隆盛 、西郷南洲 、勝海舟 、会見

作品データ

原画・監修ルイ・フランセン
場所JR田町駅 改札外コンコース三田口(西口)壁面 マップ
設置時期1975年10月
種類陶板レリーフガラスモザイク
サイズ3.0m × 5.5m
キーワード西郷隆盛 、西郷南洲 、勝海舟 、会見
企画日本交通文化協会
製作ルイ・フランセン
協賛三菱自動車
ニュース

マップ

この付近のパブリックアート

ステンドグラス
2000年 7月
白金台駅
「白金春秋」
(2.1km)
MAP >

ステンドグラス
2005年 5月
品川駅
「エンジェルス・アイ 鳩」
(2.1km)
MAP >

コメントは受け付けていません。

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ