大山忠作
おおやまちゅうさく

プロフィール

大山忠作  おおやまちゅうさく
日本画家

日本画家

1922年生まれ。日本画の古典的美観と独特の華麗な色彩表現とを見事に調和させ、今日の新しい日本画を代表する絵画世界をつくりあげる。1986年日本藝術院会員。1992年~95年まで日展事務局長を務める。2007年文化勲章受賞。2009年永眠。

手がけたパブリックアート

ステンドグラス
1982年 6月
郡山駅
「歴程」

MAP >

ページトップヘ