ニュース

TOP 矢印 ニュース: 陶板レリーフ「釣りキチ三平・山魚女群泳」が秋田空港を飾ります

秋田県横手市出身の漫画家・矢口髙雄さんの代表作  

自然豊かな秋田をアピールするパブリックアート

左:除幕の様子 中:ちばてつやさん、里中満智子さんとともに矢口さん 右:除幕式記念撮影
左:除幕の様子 中:ちばてつやさん、里中満智子さんとともに矢口さん 右:除幕式記念撮影

左:除幕の瞬間  中:ちばてつやさん、里中満智子さんとともに笑顔の矢口さん(中央)  右:記念撮影

陶板レリーフ「釣りキチ三平・山魚女群泳」全景
陶板レリーフ「釣りキチ三平・山魚女群泳」全景

陶板レリーフ「釣りキチ三平・山魚女群泳」全景

秋田空港2階出発ロビーに10月2日、漫画家・矢口髙雄さん原画によるパブリックアート「釣りキチ三平・山魚女群泳」がお目見えしました。 縦3.5メートル、横6.7メートルの陶板レリーフには、釣り竿を持つ主人公の少年・三平とヤマメの群泳シーンが鳥海山を背景に生き生きと描かれてます。
関係者が出席した除幕式で、矢口さんは「かつて漫画は害虫のように嫌われました。しかし 漫画家になる夢を捨てきれず、46年前、12年間勤めた銀行を辞めてマンガ家になる決意をしました。今日のような栄光が待っていようとは夢にも思いませんでした」と満面の笑みで語りました。秋田県出身の菅義偉・内閣官房長官は「私も釣りが大好きで、勉強をせずによくやりました。矢口さんの漫画は世界にアピールするもので、多くの外国人観光客を引きつけ て欲しい」と述べました。
このパブリックアートは、日本交通文化協会が一般財団法人日本宝くじ協会「貢献広報事業」の助成を受けて企画し、静岡県熱海市にある「クレアーレ熱海ゆがわら工房」に製作を依頼しました。除幕式では滝久雄・当協会理事長から秋田空港への陶板レリーフの目録の贈呈も行われ、同空港からは滝理事長に感謝状が手渡されました。

ページトップヘ