本郷新
ほんごうしん

プロフィール

本郷新  ほんごうしん
彫刻家

彫刻家

1905年生まれ。昭和時代の日本の具象彫刻を代表する作家。母子や若者など日常の人間の姿を主題とした作品を多く残す。戦後は平和運動に積極的に参加。1950年世界平和を願う、戦没学生記念像「わだつみのこえ」を制作。日本平和文化賞受賞。1979年勲三等瑞宝章受章。1980年永眠。

手がけたパブリックアート

彫刻
1980年 5月
池袋駅
「母子像」

MAP >

ページトップヘ