平山郁夫
ひらやまいくお

プロフィール

平山郁夫 ひらやまいくお
日本画家

日本画家

1930年広島県生まれ。東京美術学校(現 東京芸術大学)日本画科卒業。現代日本画壇を代表する作家。シルクロードをテーマにした作品、高松塚古墳壁画の模写のほか、「文化財赤十字」運動を展開し、国際的評価も高い。東京芸術大学美術学部教授、学部長、学長を歴任したほか、ユネスコ親善大使・世界遺産担当特別顧問、東京国立博物館特任館長、文化財保護・芸術研究助成財団の理事長などをつとめた。1998年文化勲章受章。2009年永眠。

手がけたパブリックアート

陶板レリーフ
2000年2月, 2000
東京ドームホテル
「平和と繁栄」

MAP >

陶板レリーフ
1998年3月, 1998
高崎市役所
「高崎の春」

MAP >

陶板レリーフ
1997年9月1日, 1997
東日本旅客鉄道本社ビル
「幸福の樹木」

MAP >

ステンドグラス
1994年10月, 1994
銀座駅
「楽園(銀座のオアシス)」

MAP >

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ