舟越保武
ふなこしやすたけ

プロフィール

舟越保武 ふなこしやすたけ
彫刻家

彫刻家

1912年生まれ。信仰に裏づけられた崇高で高潔な具象彫刻により、日本では数少ない大理石彫刻作家としても知られる。1973年「原の城」によりローマ法王より大聖グレゴリオ騎士団長勲章受章。1999年文化功労者顕彰賞受賞。2002年永眠。

手がけたパブリックアート

彫刻
1997年1月, 1997
東久留米市役所
「杏」

MAP >

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ