展覧会事業

TOP 矢印 展覧会事業

交通総合文化展

交通総合文化展とは

駅を舞台に芸術・文化と観光の振興に貢献しています

交通総合文化展ポスター

日本交通文化協会では、日々の通勤や通学、旅行などに欠かせない公共交通機関や日本の良さ・魅力をテーマに、写真と俳句の作品を毎年募集しています(募集期間は6月半ば~7月末日)。入選作品は10月14日の「鉄道の日」に合わせて開催する「交通総合文化展」で発表展示されます。特に優秀な作品には国土交通大臣賞をはじめとする賞と賞金が授与されます。会場は駅の公共スペースでに設けられ、写真・俳句の入選作品のほか、日本を代表する芸術家の新作展「溯瀧会」、当協会が進めているパブリックアートの普及活動展を併催し、駅を利用する多くの方々にご覧いただいています。
「鉄道の日」国土交通省ホームページリンクアイコン

展示・選考風景

新日本観光写真部門
新日本観光写真部門
俳句部門
俳句部門
溯瀧会(さくりょうかい)
溯瀧会(さくりょうかい)
パブリックアート普及活動特別展
パブリックアート普及活動特別展
招待作家パブリックアート作品展
招待作家パブリックアート作品展
新日本観光写真部門
 選考風景
新日本観光写真部門 選考風景

交通総合文化展のあゆみ

時代に沿って変遷を重ね、60年以上開催を継続

東京駅で開催された第1回 交通総合文化展
東京駅で開催された第1回 交通総合文化展

1954年にスタートした当初は、交通事業従事者の文化活動の成果を社会に紹介することが目的でした。しかしその後、一般に広く開放し、写真や俳句を公募し、入選作品を展示するようになりました。62回目となる2015年には入選者総数が1万7500人を超えました。2013年からはパブリックアートの展示コーナーも設け、ステンドグラスや陶板レリーフの作品紹介をしているほか、日本を代表する芸術家の新作展「溯瀧会」で、絵画と書が併設展示されます。

過去の実績

2018年9月現在
交通総合文化展新日本観光写真
入選者 総数14,244名4,396名
入選者 総数2018年9月現在
交通総合文化展:14,244名
新日本観光写真:4,396名

溯瀧会 (さくりょうかい)

日本画、洋画、書の大家たちが参加する会

身近な駅の空間で芸術鑑賞
身近な駅の空間で芸術鑑賞

交通総合文化展では第1回の開催から、日本を代表する芸術家の新作展を併催してきました。現在は、日本交通文化協会の滝久雄理事長が1970年代から交流を続けてきた芸術家を中心に、「溯瀧会」という名称で、日本画、洋画、書の作家約30名にご出品いただいています。中には、長年、琵琶湖畔で制作に励む米国人の洋画家もいらっしゃいます。「溯瀧会」には竜が急流をさかのぼるほどエネルギーに満ちた会、という意味が込められています。交通総合文化展は駅というパブリックなスペースで、優れた芸術家の作品を観られる機会でもあるのです。

交通総合文化展2018『溯瀧会』出品作家

日本画

  • 石踊 達哉
  • 烏頭尾 精
  • 大矢 紀
  • 川﨑 麻児
  • 川﨑 鈴彦
  • 川﨑 春彦
  • 北野 治男
  • 鈴木 竹柏
  • 中島 千波
  • 平松 礼二
  • 福本 達雄
  • 堀 文子
  • 松崎 良太
  • 宮廻 正明

洋画

  • 大津 英敏
  • 奥谷 博
  • 金山 桂子
  • 絹谷 幸二
  • 佐野 ぬい
  • 中山 忠彦
  • 野見山 暁治
  • 深澤 孝哉
  • ブライアン・ウィリアムズ
  • 宮崎 進
  • 山本 貞
  • 吉武 研司

  • 井茂 圭洞

※北野 治男(2018年7月ご逝去) 宮崎 進(2018年5月ご逝去)
(敬称略 部門別 五十音順 2018年9月現在)

パブリックアート普及活動特別展

パブリックアートに親しんでもらう展示会

日本各地のパブリックアートを紹介
日本各地のパブリックアートを紹介

交通総合文化展では2013年から、パブリックアートを広く知ってもらうために「パブリックアート普及活動特別展」のコーナーを設けています。駅や空港、図書館などの公共空間にアート作品を設置し、うるおいある環境を創ろうというパブリックアートの取り組みは、残念ながら日本ではまだ十分に知られていません。この展示コーナーでは、全国に設置されているパブリックアート作品やアーティストを紹介するほか、当協会が協力している「クレアーレ熱海ゆがわら工房」(静岡県熱海市)でのステンドグラスや陶板レリーフなどの作品制作過程を、写真パネルや模型、実物パーツなどでご紹介しています。

審査員

写真部門

  •    熊切 圭介
    ©山口修二
    熊切 圭介くまきり・けいすけ
    写真家
  • 国土交通省 観光庁観光地域振興部長
  • 環境省 自然環境局長
  • 東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部副本部長
  • 公益社団法人日本観光振興協会 理事長
  • 株式会社交通新聞社 交通新聞 編集局長

俳句部門

  • 長谷川 櫂
    長谷川 櫂はせがわ・かい
    俳人

交通総合文化展2018 受賞者

写真部門

国土交通大臣賞 「雪原に咲く大華」 岡本 大志
環境大臣賞 「命の躍動」 木下 滋
東海旅客鉄道株式会社 社長賞 「炎の千本鳥居」 中村 義宣
公益社団法人 日本観光振興協会会長賞 「満身の曳山」 島田 純治
一席 「夜の翼」 山田 徹
「長閑な田園」 佐藤 成公
二席 「また明日」 中根 英治
「川漁師」(4枚組) 芝﨑 静雄
「除夜の鐘 試しつき」 川口 理一郎
三席 「眼下の夜景」 林 隆義
「龍蛇の雄叫び」 斎藤 雄宰睦
「伝統を打つ」 森口 昭十四
「BIG WAVE」 相澤 勇
U-22賞 「あなたのために」 登坂 直紀
入選 「花吹雪の中を」 千葉 直江
  「ダム湖黎明」 水野 紘一
  「楽園」 大社 正照
  「迎え火」 木之元 俊久
  「春が来た!」 吉田 徹
  「天の川」 島﨑 三雄
  「有終のポニー号」 福田 尚人
  「晴れてもえんぶり、
  吹雪いてもえんぶり」(4枚組)
小島 美佐子
  「空の祭典」 原田 國光
  「朝の光」 島村 直幸
  「北の睦月」 福田 明広
  「岩礁の灯台」 山田 宏作
  「地下神殿」 平野 昌子
  「出初式に出会う飛鳥」 望月 政子
  「こんにちは」 川口 善也
  「サンライズ」 赤井 正治
  「賑やかな初夏」 糸賀 一典
  「夫婦遍路」 千葉 洋
  「秋色の午後」 増田 哲子
  「赤米が輝く吉備路」 北川 隆司

俳句部門

公益財団法人 日本交通文化協会会長賞 「京都駅リュックが一人夏の雲」 小関 新
講評:青空に夏の雲が湧く京都。 いま京都駅を貫く大コンコースを リュックを背負った人が通り抜けてゆく。 京都での新しい出会いの予感ある。 (長谷川 櫂 /俳人)
一席 「網棚の思い出下ろし夏終る」 西出 和代
講評:網棚から荷物を下ろすのだが それを思い出を下ろすといった。 夏の思い出の いっぱい詰まった荷物なのだ。 (長谷川 櫂 /俳人)
二席 「人間に羽を休めるとんぼかな」 渋谷 史恵
三席 「跳び乗って市電の鼓動広島忌」 石川 潔
  (石川桃瑪)
「十五年ぶりに空から夏の富士」 成田 のり子
  (はなこ)
「そここにつばくらめの巣愛の駅」 橋本 有子
入選 「ふたつめの故郷へ帰る盂蘭盆会」 矢吹 ひろみ
「初春に線路も唄う一人旅」 飯田 昌久
「夏立つやつばさに乗って友来たる」 島崎 羽津
「夏列車いつもの海を見て帰る」 小阪 拓男
「満月がこんなに近い里の駅」 菅澤 正美
「炎天を乗り継いで乗り継いで海」 藤本 晴香
  (藤本春風)
「東京へ発つ日の炎天下の別れ」 堺 利彦
  (堺空知)
「母と娘の最後の桜錦帯橋」 下江 悦子
「修善寺の菊を見るため途中下車」 荒井 千代子
「手土産に駅弁三個盆帰省」 川末 恭馬
ページトップヘ