展覧会事業

TOP 矢印 展覧会事業

交通総合文化展

交通総合文化展とは

駅を舞台に芸術・文化と観光の振興に貢献しています

交通総合文化展ポスター

日本交通文化協会では、日々の通勤や通学、旅行などに欠かせない公共交通機関や日本の良さ・魅力をテーマに、写真と俳句の作品を毎年募集しています(募集期間は6月半ば~7月末日)。入選作品は10月14日の「鉄道の日」に合わせて開催する「交通総合文化展」で発表展示されます。特に優秀な作品には国土交通大臣賞をはじめとする賞と賞金が授与されます。会場は駅の公共スペースでに設けられ、写真・俳句の入選作品のほか、日本を代表する芸術家の新作展「溯瀧会」、当協会が進めているパブリックアートの普及活動展を併催し、駅を利用する多くの方々にご覧いただいています。
「鉄道の日」国土交通省ホームページリンクアイコン

展示・選考風景

写真部門(新日本観光写真)
写真部門(新日本観光写真)
俳句部門
俳句部門
溯瀧会(さくりょうかい)
溯瀧会(さくりょうかい)
パブリックアート普及活動特別展
パブリックアート普及活動特別展
招待作家パブリックアート作品展
招待作家パブリックアート作品展
写真部門(新日本観光写真)
 選考風景
写真部門(新日本観光写真) 選考風景

交通総合文化展のあゆみ

時代に沿って変遷を重ね、60年以上開催を継続

東京駅で開催された第1回 交通総合文化展
東京駅で開催された第1回 交通総合文化展

1954年にスタートした当初は、交通事業従事者の文化活動の成果を社会に紹介することが目的でした。しかしその後、一般に広く開放し、写真や俳句を公募し、入選作品を展示するようになりました。62回目となる2015年には入選者総数が1万7500人を超えました。2013年からはパブリックアートの展示コーナーも設け、ステンドグラスや陶板レリーフの作品紹介をしているほか、日本を代表する芸術家の新作展「溯瀧会」で、絵画と版画、書が併設展示されます。

過去の実績

2019年9月現在
交通総合文化展新日本観光写真
入選者 総数14,244名4,396名
入選者 総数2019年9月現在
交通総合文化展:14,264名
新日本観光写真:4,418名

溯瀧会 (さくりょうかい)

日本画、洋画、版画、書の大家たちが参加する会

身近な駅の空間で芸術鑑賞
身近な駅の空間で芸術鑑賞

交通総合文化展では第1回の開催から、日本を代表する芸術家の新作展を併催してきました。現在は、日本交通文化協会の滝久雄理事長が1970年代から交流を続けてきた芸術家の方々にご参加いただいており、「溯瀧会」という名称で、日本画、洋画、版画、書の作家23名がご出品くださっています。中には、長年、京都の近くで制作に励む米国人の洋画家もいらっしゃいます。「溯瀧会」には竜が急流をさかのぼるほどエネルギーに満ちた会、という意味が込められています。交通総合文化展は駅というパブリックなスペースで、優れた芸術家の作品を観られる機会でもあるのです。

交通総合文化展2019『溯瀧会』出品作家

日本画

  • 石踊 達哉
  • 烏頭尾 精
  • 大矢 紀
  • 川﨑 麻児
  • 川﨑 鈴彦
  • 鈴木 竹柏
  • 中島 千波
  • 平松 礼二
  • 福本 達雄
  • 松崎 良太
  • 宮廻 正明

洋画

  • 大津 英敏
  • 奥谷 博
  • 絹谷 幸二
  • 佐野 ぬい
  • 中山 忠彦
  • 野見山 暁治
  • 深澤 孝哉
  • ブライアン・ウィリアムズ
  • 山本 貞
  • 吉武 研司

版画

  • 青木 野枝

  • 井茂 圭洞

パブリックアート普及活動特別展

パブリックアートに親しんでもらう展示会

日本各地のパブリックアートを紹介
日本各地のパブリックアートを紹介

交通総合文化展では2013年から、パブリックアートを広く知ってもらうために「パブリックアート普及活動特別展」のコーナーを設けています。駅や空港、図書館などの公共空間にアート作品を設置し、潤いある環境を創ろうというパブリックアートの取り組みは、残念ながら日本ではまだ十分に知られていません。この展示コーナーでは、全国に設置されているパブリックアート作品や当協会が協力している「クレアーレ熱海ゆがわら工房」(静岡県熱海市)でのステンドグラスや陶板レリーフなどの作品制作過程などの紹介のほか、招待作家によるパブリックアート作品の展示も行います。

審査員

写真部門(新日本観光写真)

  •    清水 哲朗
    清水 哲朗しみず・てつろう
    写真家
    公益社団法人日本写真家協会会員
    日本大学芸術学部写真学科 非常勤講師
  • 国土交通省 観光庁観光地域振興部長
  • 環境省 自然環境局長
  • 東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部副本部長
  • 公益社団法人日本観光振興協会 理事長
  • 株式会社交通新聞社 交通新聞 編集局長

俳句部門

  • 長谷川 櫂
    長谷川 櫂はせがわ・かい
    俳人

交通総合文化展2019 受賞者

写真部門(新日本観光写真)

国土交通大臣賞 「川面に映える」 臼井 寛
環境大臣賞 「唯我独尊」 林 偉鳴
東日本旅客鉄道株式会社 社長賞 「ふるさと」 後藤 耀一郎
公益社団法人 日本観光振興協会会長賞 「稲刈り日和」 増田 哲子
一席 「鉄橋上の出会い」 横山 和夫
「時代を超えて」 丹羽 明仁
二席 「いかだ流し」 斉藤 延子
「海を渡る風の力」(4枚組) 齋藤 尚夫
「春が来た」 山口 元広
三席 「厳冬の華」 奈雲 誠
「冬の森」 村上 天臣
「夕陽待ち」 多久島 正紀
「海上渡御」 門脇 宏悦
U-22賞 「涼流」 立石 龍太郎
入選 「闘牛」 おおき ゆうこう
  「人馬一体」 遠藤 芳雄
  「夜桜」 ASUKA
  「砂丘を楽しむ」 下川 隆直
  「伝統の一撃」 河口 毅
  「ミヤマキリシマを求めて」 吉武 敏美
  「煌く棚田」 後谷 弘
  「佳境快走『南風』号」 北村 和彦
  「ホタルの世界もボーダレス」 中村 元一
  「水田アート」 茶山 昌子
  「チャギントン電車」 林 隆義
  「田植えの頃」 土屋 勝範
  「インスタ映えの浜辺」 三木 雅也
  「Night landing」 高群 純一
  「天高く」 鷲野 哲夫
  「棚田の乙女」 東 潔
  「満開」 安田 豊治
  「夏の思い出」 柳瀬 真
  「座頭鯨のお出迎え」 今井 寛治
  「Japan Color」 清水 進

俳句部門

公益財団法人 日本交通文化協会会長賞 「一本の大樹が見たき夏の旅」 占部 耕三
講評:一本の木を見にゆくとは、なんて素敵な旅だろう。ふつう旅行は観光目当てか仕事の用事、保養というのもあるだろうか。しかしそんな実用ではなく、一本の木を見にゆく。どんな木なのだろうか。いつかそんな旅がしてみたい。(長谷川 櫂/俳人)
一席 「がたんごとん窓に見知らぬ空高し」 田上 銀平
講評:空を眺めているだけで旅をしているのだと思う。誰にでもわかるやさしい言葉でできているが、俳句に旅情があふれている。列車に揺られて初めての土地へ旅をする。窓には高く澄みきった秋の青空が広がっている。(長谷川 櫂/俳人)
二席 「たんぽぽはでん車にくっつきとうちゃくす」 大西 敦樹
三席 「大阪の猛暑の中を新幹線」 小関 新
「その昔貨物列車の牛暑し」 澤田 慎一郎
「単線の一直線の帰省かな」 野村 かおり
入選 「白波の立つ夏みえて常磐線」 黒川 芳昭
「駅弁に丸ごと入る秋の山」 山田 知明
「一つ駅越せばふるさと田植終ふ」 田中 厚夫
「年用意東京駅にある故郷」 岡田 本重
「茶摘女に一日晴れて駅にお茶」 川野 忠夫
「はつ夏のホームの端に君の待つ」 鳥畑 泉
「遠征の子らを引率してる夏」 中谷 ひとみ
「羽田から特急成田夏来る」 田辺 一男
「青春に帰り真夏の一人旅」 草道 久幸
「文庫本一冊分の夏の旅」 田中 由起
ページトップヘ