クレアーレ工房
くれあーれこうぼう

プロフィール

クレアーレ工房 くれあーれこうぼう
パブリックアート制作集団

パブリックアート制作集団

建築家 隈研吾氏の手によりリニューアルした専用の工房(=クレアーレ熱海ゆがわら工房)などにて、日本を代表するアーティスト達との協業により、ステンドグラスや陶板レリーフを中心に多くの作品を手がけ、世に送り出す。日本におけるパブリックアート制作の草分けとして1977年に設立された現代壁画研究所の後継組織。現所長 中野竜志。「クレアーレ」はラテン語で「創造」を意味する言葉。
クレアーレ工房

手がけたパブリックアート

陶板レリーフ
2012年6月15日, 2012
湯河原駅入口交差点
「四季彩の塔」

MAP >

ステンドグラス
2011年1月24日, 2011
熱海市役所泉支所
「水面の景」

MAP >

日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ