近岡善次郎
ちかおかぜんじろう

プロフィール

近岡善次郎 ちかおかぜんじろう
洋画家

洋画家

一水会の設立に携わり、以降重要なメンバーとして活躍。全国300ヶ所以上を訪ねた「明治西洋館」シリーズは美術の枠を超えた文化的な仕事として高い評価を受けている。都会的で美しい色彩の作品は独自なもので、親子の愛情や詩情溢れるみちのくの暮らしに生き生きとした聖性を描き出し、日本洋画界に金字塔を打ち立てた。

手がけたパブリックアート

ステンドグラス
1978年6月8日, 1978
仙台駅
「杜の讃歌」

MAP >

経歴

1914年
山形県新庄市に生まれる
1933年
文化学院美術部 にて、石井柏亨、有島生馬、山下新太郎こ学ぶ
1949年
「黄色い服」にて一水会優賞受賞
1956年
文部省留学生 と して渡欧
1960年
一水会委員となる
1961年
明治洋風建築風建築スケッチ展を東京、及び各地で開催
1963年
第六回安井賞受賞、 国立近代美術館買上げ
1971年
「明治の西洋館」全国版完成記念展を全国で開催
2005年
新庄ふるさと歴史セ ンターに特別記念室開設
2007年
逝去(享年92歳)
日本に「1% フォー・アート」の実現を
日本に「1% フォー・アート」の実現を
ページトップヘ